お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

◆ テニスの歴史2

昔のテニスのコートは僧院にあり、四方を壁と傾斜した天井に囲まれていて、現代のローンテニスのコートより大きかった。18世紀から19世紀にかけてヨーロッパの貴族の間で大流行し、多くのコートが建造されたが、現存するものは少ない。イギリスでは復元されたコートがクリフトン大学にある。近代における貴族階級の遊戯としてのテニスは、イギリスではロイヤルテニス (Royal Tennis)、アメリカではコートテニス (Court Tennis) とも呼んでいる。

中世では、現代のようなラケットは使わず、手のひらでボールを打ち合っていた。手袋を使うこともあった。「ポーム」とは手を意味する。ボールは皮製で現代のものよりはるかに重く、弾力性は少ない。サーブは一方の側からのみ行われ、傾斜した屋根を転がるように打ち上げる。レシーブ側のプレイヤーは、落ちてきたボールが二度バウンドする前に打ち返す。失敗したプレイヤーはポイントを失う。ゲームの最初の第一球の打ち込みが「サーブ」と呼ばれるのは、中世においては、レシーバーにあたる人間の従者が第一球を屋根に打ち上げる役目を行っていたことに起源がある。(従者「サーバント」が主人に対して行う行為は「サービス」)16世紀には現在のラケットの原型が登場した。これはまだガットは張られておらず、ガットが張られるようになったのは16世紀になってからである。また、この初期のラケットは選手が自作していたそうですよ。

テニスのコートが僧院あったなんて驚きです。遊戯として昔から楽しんでいたんだ。
じゃまたね!