お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

テニス用語1

テニスの用語は、ロイヤルテニスで使われるフランス語の用語から命名されている。

テニス (tennis)
フランス語の動詞tenirの命令法2人称複数形で、「受け取れ」 (hold) という意味の「トゥネ(zは発音せず)」 (tenez) に由来する。これはロイヤルテニスにおけるサーバー側のプレイヤーの掛け声であり、「サーブするぞ!」 (I am about to serve!) ということを意味する。ゴルフで「フォア!」 (Fore!) というのと似ている。
ラケット(Racquet)
フランス語の「raquette」からきているが、この語はアラビア語の手のひら (rakhat) に由来する。
ガット(gut)
ラケットに張られている網。正式にはストリングスと言う。ガットの語源は「腸」。
デュース (Deuce)
「両プレイヤーは同点」 (to both is the game、the two players have equal scores) を意味するフランス語の表現、「a deux le jeu」に由来する。ただし、現在、デュースはEgaliteである。
ラブ (love)
卵を意味するフランス語、「l'oeuf」に由来する。ゼロの記号「0」が卵形をしていることから使われた。
「15」「30」「40」というスコアの数え方は、当初は、0、15、30、45であったものの、45の5が省略されるようになったものだいう説が有力である。なお、フランス語では「15」、「30」、「40」は「quinze」、「trente」、「quarante」であり、全仏オープン等で聞くことができる。
フランス語では、古代ガリア(ケルト)の影響で20進法が一部残っており、60〜100は20進法である(なお、同じラテン系言語であるイタリア語、スペイン語、南仏語等にはこの現象は見られない。)。そのため、70=60+10、80=4×20、90=4×20+10という表現をする。
ブレーク (break)
レシーブ側が、相手のサービスゲームを破る時に使われる。
レット(let)
サーブの時、ボールがネットに当たってサービスエリア内に落ちること。もう一度そのサーブをやり直す権利がある。偶に「ネット」と誤ってコールする人がいる。